全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!

毎日新聞に掲載されました

公正証書遺言とは?

公正証書遺言とは、遺言者と証人(二人)の立会のもと、公証人が作成する遺言書のことで、遺言書の中で、最も強力な遺言書と言えます。

公正証書遺言 3つの特徴

紛失や偽変造の心配がなくなります。

紛失や偽変造の心配がなくなります

公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されるため、紛失や偽変造の恐れがありません。また、紛失や滅失した場合は、公証役場で再交付が可能です。

家庭裁判所の検認が必要ありません。

家庭裁判所の検認が必要ありません

自筆の遺言書の場合は、家庭裁判所の検認の手続きをしなければ、開封することが出来ません。

公正証書遺言の場合には、家庭裁判所の検認手続きが不要となります。

遺言執行者を指定することにより、相続手続を円滑に進めることが出来ます。

画像

遺言執行者は相続人の代理人とみなされ、直ちに遺言に従った諸手続を開始することができます。

これによって、相続手続きを円滑に進めることが出来ます。


そもそも、なぜ遺言書が必要なのか?

遺言書が重要となってくるのは、遺言者が亡くなってからです。

遺言が遺言者の意思を継ぐ手段であることはもちろんですが、相続人間のトラブルを防ぐ手段でもあります。トラブル防止の観点から、遺言書を作成する場合には、必ずこの【公正証書遺言】にされることを強くお勧め致します。

また、公正証書遺言では、遺言執行者を指定することができますので、遺言者の亡きあと、様々な手続を円滑に行える手段でもあるのです。これは公正証書遺言の大きな利点です。

お問い合わせはこちらから

依頼に伴う費用について

公正証書遺言作成専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
公正証書遺言作成サポートセンター
お問い合わせはこちらから

Copyright(C)2016 公正証書遺言作成サポートセンター All Rights Reserved.

全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!