相続と遺贈

一般的な言い方として、相続権を持つ人に遺言で財産を引き継がせることを「相続」と言い、相続を受ける人を「相続人」と言います。これに対し、相続権を持たない人に遺言で財産を与えることを「遺贈」と言い、遺贈を受ける人を「受遺者」と言います。

例えば、自分の財産を、息子と息子の妻に半分ずつ譲りたいとします。息子は相続権を持っていますが、息子の妻に相続権はありません。

よって、この様な場合の遺言書は、「息子の妻に2分の1の割合で遺贈し、息子に2分の1の割合で相続させる。」といった内容になり、息子は「相続人」、息子の妻は「受遺者」となります。

そしてこの財産が不動産だった場合に、不動産の所有権移転登記手続きは、「相続」は相続人が単独申請できますが、「遺贈」は他の相続人との共同申請になります。

仮に、息子に土地を相続させて、息子の妻に家を遺贈したとしたとしましょう。

息子は相続人として、単独で土地の所有権移転登記の申請手続きが出来ますが、息子の妻は受遺者ですので、他の相続人と共同で申請手続をしなければいけません。

ここで、他の相続人が協力的であれば何ら問題はありませんが、争いとなる可能性も無いとは言えません。そこで重要となってくるのが遺言執行者です。遺言執行者がいる場合は、受遺者と遺言執行者で申請をすることが出来るようになります。

この様に、特に不動産を遺贈する場合には、遺言執行者の指定は、更に重要となってきます。

<スポンサードリンク>

« »

お問い合わせはこちらから

依頼に伴う費用について

公正証書遺言作成専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
公正証書遺言作成サポートセンター
お問い合わせはこちらから

Copyright(C)2017 公正証書遺言作成サポートセンター All Rights Reserved.

全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!