遺留分とは?

遺留分とは、一定の相続人(遺留分権利者)に保証された権利です。一定の相続人とは、配偶者(夫または妻)、子供、直系尊属(父母)です。配偶者と子供は、法定相続分の2分の1が遺留分となります。直系尊属(父母)は、法定相続分の3分の1です。兄弟姉妹には遺留分はありません。

遺留分は保証された権利ではありますが、必ず支払わなければいけないものでは無く、遺留分権利者が権利を主張し請求して、遺留分を取り戻せる権利です。

実際の遺言書作成で、財産を一人に相続させるケースでは、何か理由がある場合も多く、そういったときは、付言を付けることが出来ます。

例えば、二人兄弟で長男だけに相続させる遺言書を作成するとしましょう。

そこで付言として、「二男には事業資金として多額を援助したが、長男にはかかる贈与をおこなっていない、このような事情を考慮し、遺言をした。」などを付けることが出来ます。

これで遺留分を侵害していないことになるかは、ケースバイケースですが、争いを防ぐ為にも、理由があればそれも記載しておくとよいでしょう。

遺言書は、遺言者の最後の手紙でもあります。最後に思いを伝える手段としても有効と言えるでしょう。

<スポンサードリンク>

« »

お問い合わせはこちらから

依頼に伴う費用について

公正証書遺言作成専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
公正証書遺言作成サポートセンター
お問い合わせはこちらから

Copyright(C)2017 公正証書遺言作成サポートセンター All Rights Reserved.

全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!