公正証書遺言作成サポートセンター > 遺言ケーススタディ > 特定の人に財産を譲りたくない場合は?

特定の人に財産を譲りたくない場合は?

遺言をする目的の中には、特定の人に財産を譲りたいというケースのほかに、特定の人に譲りたくないというケースもございます。

例えば、どうしても息子には譲りたくない場合などです。仮に、独身の娘と息子がいるとして、「娘に全てを相続させる」といった遺言書を作成したとしましょう。

しかし、遺言者より先に、又は同時に娘も亡くなってしまった場合どうなるのか。

死亡者に対する遺言の部分は無効となってしまいますので、相続人は息子となってしまい、遺言者の意思とは異なる結果になってしまいます。

そこで、このように特定の人に相続させたくない場合は、予備的に次の相続(または遺贈)を指定しておくことができます。「娘が亡くなっていたときは、甥に相続させる」などです。

このように、次の順位を指定しておくことで、より遺言者の意思を実現させることが出来ます。しかし、息子(子供)は遺留分権利者ですので、遺留分は考慮しなければいけません。

<スポンサードリンク>

« »

お問い合わせはこちらから

依頼に伴う費用について

公正証書遺言作成専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
公正証書遺言作成サポートセンター
お問い合わせはこちらから

Copyright(C)2017 公正証書遺言作成サポートセンター All Rights Reserved.

全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!