遺言執行者になれる人

特定の人を遺言執行者にするためには、公正証書遺言で遺言執行者を指定しておく必要があります。遺言執行者は、法人を指定することも出来ます。未成年者と破産者は遺言執行者になることが出来ません。

但し、未成年であっても、遺言者の死亡時に成年に達していれば問題ありません。逆に、遺言書を作成した当時は破産者で無かった者が、遺言者の死亡時に破産者になってしまっていた場合は、遺言執行者になることは出来ません。

また、遺言執行者は「相続人」や「受遺者」がなる事も出来ます。相続人や受遺者が遺言執行者になることで、手続も更にスムーズになります。

しかし、万一相続争いになった場合には、矢面に立たされる可能性が高くなります。

特に遺贈には注意が必要です。この様な恐れがある場合には、弁護士や行政書士などの専門家を指定することも一つの方法でしょう。

<スポンサードリンク>

« »

お問い合わせはこちらから

依頼に伴う費用について

公正証書遺言作成専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
公正証書遺言作成サポートセンター
お問い合わせはこちらから

Copyright(C)2017 公正証書遺言作成サポートセンター All Rights Reserved.

全国対応!公正証書遺言の作成ならお任せください!